W1レベル以上の白さの歯を持つ芸能人

今日も今日とて歯の美しさを求め続けている由香里でございます。

本日は、キラリと光る白い歯と言えばこの人!な新庄剛志さんを見ていきましょう。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Yuko _Ichikawaさん(@yuuukkoo)がシェアした投稿

いかがです?遠くからでも目立つ白い歯。肌の色とのコントラストも相まって、とても存在感がありますね。

ご想像通り、自前の歯ではありません。多額の費用をかけたインプラントで実現している美しい歯となります。

ヒトの歯の色にはグラデーションがあり、自分の歯がどのくらい白いかは「シェードガイド」と呼ばれる色見本と見比べることでチェックできます(歯医者さんなどで使われております)。芸能人級の白さを誇る「W1」というレベルから、傍目にもくすんでいることが分かる「C4」というレベルまで、約20段階ほどに分かれているそうですよ。

新庄さんは間違いなくW1、あるいはそれよりも白いレベルに達しているかもしれませんね。

ちなみに新庄さん、歯の色の指定で「公衆便所」と言ったという話がございます。たしかに真っ白ですが、なかなかこれを指定する人はいないのでは。

わたくしも歯の白さには気を遣って、着色が残らないように気を付けた生活をしておりますが、不自然にならないA1くらいの白さで十分だと思っております。

自らの歯で白さを目指すならホワイトニングなどが手段となりますが、やはり不自然にはならないようにしたいものですね。

なお、これまできれいな歯をキープできていた方なら、定期的な歯科医院でのクリーニングおよびPMTCで十分でございます。それだけでは白くなりきらない状況の方に限り、ホワイトニングを検討されるのが良いと思いますよ。